アーカイブ

不動産売却時に確認したい事

thrhs

不動産売却というのは、決して気軽にできることではありませんし、人生においても非常に大きな出来事だと言えるでしょう。だからこそ、しっかりと査定をしてもらった上で、必要事項や注意すべき項目を入念に確認しておきたいところです。

まずは相場を知ることから始める

自分の不動産がどれぐらいの価格で売却できるのか、そこをまずは把握しなければなりません。そのためには、相場の方を知る必要がありますから、インターネットや国土交通省の情報システムを参考にして、大まかな価格を概算しておくようにしましょう。
もちろん具体的な金額に関しては、業者の方に査定をしてもらうことになるでしょうが、それが相場とかけ離れていなかを確認するためにも、やはり相場を知っておくことは重要なのです。

必ず複数の業者に査定をしてもらう

不動産の査定をしてもらう際には、必ず複数の業者に依頼をするようにしましょう。金額面はもちろんですが、しっかりとした対応をしてもらえるかどうか、本当に信頼できるかどうか、そういった部分を確認するためにも、複数業者に査定してもらうことは必須なのです。
より正確な価格を把握するためには、訪問査定の方をしてもらうことになります。こちらも、最低でも2つ以上の業者には依頼するようにして、査定基準の比較を行うようにしましょう。

信頼できる業者と担当者を選ぶようにする

実際に不動産売約を行う際には、不動産会社に依頼をして仲介をしてもらうことになるでしょう。ほとんどの人はそこまで専門的な知識は持っていないでしょうから、専門の業者に依頼をすることは必要不可欠なのです。
その際には、信頼できる業者を選ぶことはもちろん大前提ですが、その上で尚且つ安心して任せられる担当者を選ぶことも重要になってきます。知識や情報の詳しさはもちろんですが、対応力や交渉力、具体的な根拠に基づいて提案をしてくれるかどうかなど、いろんな要素を踏まえた上で判断するようにしましょう。

情報はできる限り伝えるようにする

正式に不動産会社と仲介契約を結んだのであれば、必要となる情報はできる限り伝えるようにしましょう。屋内外問わず問題点はないかどうか、リフォームをしたことはあるのか、近隣で特にトラブルは起きていないか、細かい部分の情報まで伝えることによって、売買交渉の方もスムーズに進められるのです。

どれぐらいの費用が必要なのか知っておく

不動産を売却する際にも、いろんな費用が必要になるわけです。業者への仲介手数料はもちろんですが、金融機関へ支払う手数料や、税金に関することも知っておくようにしましょう。正確な金額は契約が成立するまで分からないでしょうが、概算費用を把握しておくだけでも、後から問題が生じることを防げるのです。

できるだけ交渉を有利にするために

あとは、購入希望者との交渉を有利にするために、下準備を行っておくようにしましょう。部屋をできるだけ綺麗にしたり、物件の魅力や良さをアピールできるよう考えたり、担当者と交渉の仕方について相談するなど、できる限りの準備を怠らないようにしましょう。最終的には当事者同士で決めることになるわけですが、ここが最大の山場とも言えるのです。

最低限の基礎知識だけでも身につける

不動産の素人にとっては、専門的なことや難解な項目を理解するのは厳しいでしょう。なので、最低限の基礎知識だけでも身につけておけば、大きなトラブルや損をすることを防ぐことができるので、そこだけでも取り組んでいくといいでしょう。

更新情報